アフターピル服用を考えている方へ

服用前に気を付けること

効果は72時間以内に服用された場合を前提としております。必ず避妊失敗時から72時間以内にご来院ください。

飲酒をされた場合、副作用が増幅されるだけではなく、お薬の効果にも影響がある可能性も完全には否定できませんので、飲酒時の服用はご遠慮ください。また、服用後も上記の理由から、24時間は飲酒を控えて頂くことを、お勧めいたします。

服用後の副作用

副作用には個人差があるので、一般的な例を挙げさせていただきます。
悪心、吐き気、頭痛、生理のずれなどの症状が、ヤッペ法で50%、正規緊急避妊薬で10%程度の方に出ると言われております。
人によっては、動くのも辛いほどの症状が、出る場合がございます。
通常は24時間程度、長期間にわたって副作用が続くことはございません。
特にヤッペ法服用時の副作用が、強めに出ることが多いです。

避妊率

アフターピルの避妊率は、ヤッペ法で96~97%、正規緊急避妊薬で98~99%程度です。ヤッペ法に関しては、服用する時間帯がずれたり、服用後嘔吐してしまった場合は、避妊率は下がりますのでお気を付けください。
正規緊急避妊薬も、服用後の嘔吐、下痢などにより避妊率が下がる場合がございます。

年齢による服用制限

具体的に未成年者に対しての、ピルの服用に制限があるわけではございませんが、当院では患者様のお体のご負担、当人による責任能力を考慮致しまして、以下のような制限を処方の際に設けさせております。

  • 18歳未満の患者様には正規緊急避妊薬のみの処方
  • 15歳未満の患者様(高校生未満)にはアフターピルの処方不可

アフターピルによる出血に関して

特徴としては、服用後1週間程度経過してから起こることが多い。(個人差があるため2~3日で起こる方もいらっしゃいます)
通常の生理時の出血よりも少量で、色が茶色っぽい。
この出血は、必ず起こるものではございません。消退出血がない=妊娠ではございませんのでご理解くださいませ。

生理に関して

生理の周期が、アフターピルの服用により、ずれることがございます。
消退出血が起きた場合、その出血に合わせて生理の周期がずれる方もおれば、消退出血とは関係がない周期でずれる場合もございます。
出血の有無だけでは、妊娠の判断はもちろん出来ませんので、後日妊娠検査を必ず行ってください。

妊娠検査

アフターピルは確実に妊娠を防ぐお薬ではございません。
服用後は医師の指導に基づき、必ず後日妊娠検査をご自分で(もしくはお近くの婦人科)行ってください。
※当院では妊娠検査は行っておりません。

アフターピル処方後に妊娠した場合

胎児への影響は無いと言われております。
アフターピルが作用するのは、着床前であるため、先に妊娠している場合はアフターピルの処方は出来ません。

アフターピルを服用できないケース

  • 15歳未満の患者様
  • 男性の患者様
  • 18歳未満の患者様でヤッペ法を処方希望の患者様
  • 避妊失敗時から、大幅に72時間以上経過している患者様
  • 妊娠の可能性がある患者様
  • 多種の抗精神薬を服用している患者様
  • お薬の副作用、服用法について理解していただけない患者様
  • 問診後医師の判断により、服用出来ない患者様

当院で扱っているアフターピル
(税抜価格となります)

アフターピル(正規緊急避妊薬)
¥14,000

アフターピル(ヤッペ法)
¥5,000


渋谷駅3a出口より徒歩2分 アルファクリニック渋谷 インターナル&オーラルケア

所在地
〒150-0042
渋谷区宇田川町28-7 ANNEX渋谷 三善第三ビル 3F
電話
03-3461-5151
アクセス
渋谷駅3a出口より徒歩2分
ハチ公口から渋谷109の右側、文化村通りにあるH&Mの隣り
診療時間
診療時間表

※受付は最終診療時間の30分前までとなります。
※臨時休診日や診療時間変更はカレンダー、お知らせをご確認ください。


ACCESSMAP

読み込み中…